【G3】アイビスサマーダッシュを過去5年間のデータから分析

1.アイビスサマーダッシュのラップ分析

1-1.過去5年間のラップパターン

対象年前半3F後半3Fラップパターン
2015年32.532.0高速瞬発失速
2016年32.831.9高速瞬発失速
2017年32.232.4高速持続失速
2018年32.132.0高速持続失速
2019年32.633.0平均持続失速
平均32.3532.29高速持続失速

過去5年間全て失速パターンとなっており、タフさや底力が求められるレースです。また、高速・持続パターンが多いため、スピード、スタミナも重要になります。

1-2.過去5年間のラップ

対象年ラップ
2015年12.1 – 10.0 – 10.4 – 10.1 – 11.5
2016年12.0 – 10.2 – 10.6 – 10.1 – 11.2
2017年11.8 – 10.0 – 10.4 – 10.3 – 11.7
2018年11.8 – 10.0 – 10.3 – 10.1 – 11.6
2019年11.9 – 10.2 – 10.5 – 10.7 – 11.8

逃げ・先行が有利のレースのため、逃げ・先行馬は、前半2Fを22.5秒以内に走れるかどうかが一つのポイントです。

2.アイビスサマーダッシュの血統分析

2-1.過去5年間の勝ち馬4L

過去5年間の勝ち馬の4Lの血統は以下の通りです。

開催年勝ち馬母父父母父母母父
2015ベルカントサクラバクシンオー(日本型)ボストンハーバー(米国型)ノーザンテースト(日本型)サートリストラム(欧州型)
2016ベルカントサクラバクシンオー(日本型)ボストンハーバー(米国型)ノーザンテースト(日本型)サートリストラム(欧州型)
2017ラインミーティアメイショウボーラー(米国型)オース(欧州型)ストームキャット(米国型)オグリキャップ(米国型)
2018ダイメイプリンセスキングヘイロー(欧州型)ダンスインザダーク(Tサンデー型)ヘイロー(米国型)ストームバード(米国型)
2019ライオンボスバトルプラン(米国型)ステイゴールド(Tサンデー型)シーキングザゴールド(米国型)シアトルスルー(米国型)

傾向としては、短距離戦ということもあり、明らかに米国型が多いです。

例外は、2015年・2016年のベルカント、2013年のハクサンムーンのみです。ただし、この2頭は、日本型でも、短距離での実績が圧倒的なサクラバクシンオー産駒というのが特徴的です。

血統も注視するべき要素かと思います。

2-2.種牡馬傾向

過去5年間の同コース(新潟・芝・1000m)の複勝率上位10頭は以下の通りです。※最小レース機会数が5以上のみ。

種牡馬大系統タイプ複勝率
ファンタスティックライトナスルーラ系欧州型60.0%
エムオーウイナーターントゥ系欧州型60.0%
バトルプランミスプロ系米国型50.0%
ジャスタウェイサンデー系Tサンデー型42.9%
アーチロベルト系欧州型40.0%
ソングオブウインドミスプロ系欧州型40.0%
ディープブリランテサンデー系Tサンデー型38.5%
ルーラーシップミスプロ系欧州型36.4%
フレンチデピュティノーザンダンサー系米国型35.3%
ロードカナロアミスプロ系欧州型33.3%

消耗戦になるレースが多いため、欧州型の活躍が目立ちます。

ただし、先行できるスピードをもっているか、圧倒的な末脚を持っていることが条件です。

3.アイビスサマーダッシュのレース分析

3-1.勝ち馬の平均値

平均PCI54.3
平均年齢5.0歳
平均斤量55.2kg
平均人気2.4番人気
平均馬体重494.2kg
平均タイム54秒2
平均上がり3F32.0秒

3-2.脚質傾向

脚質連対率複勝率
逃げ47.1%47.1%
先行17.9%35.7%
差し7.1%14.3%
追込2.5%2.5%
マクリ

圧倒的に逃げが有利です。スタート直後のダッシュ力があるかどうかはポイントになりそうです。

3-3.上がり3F傾向

上がり3F順位連対率複勝率
1位30.8%38.5%
2位33.3%33.3%
3位37.5%37.5%
4位~5位11.8%41.2%
6位以降6.4%9.6%

上がりの順位がそのまま着順に直結するわけではありません。

最初から最後までスピードを維持できるかどうかが重要なポイントです。

3-4.馬体重傾向

馬体重連対率複勝率
420~439kg11.1%11.1%
440~459kg0%00%
460~479kg16.7%25.0%
480~499kg14.0%26.0%
500~519kg9.5%9.5%
520~539kg25.0%25.0%
540kg以上0%0%

459kg以下の馬はあまり実績がよくありません。要注意です。

3-5.斤量傾向

別定のため、斤量傾向は省略します。

斤量連対率複勝率
49.5~51kg
51.5~53kg
53.5~55kg
55.5~57kg
57.5~59kg

3-6.枠番傾向

枠番複勝率平均着順
1枠0.0%11.3着
2枠33.3%7.8着
3枠0.0%10.2着
4枠11.1%9.1着
5枠11.1%8.9着
6枠22.2%8.4着
7枠33.3%6.3着
8枠33.3%7.0着

外枠が好実績の傾向にあります。特に8枠は、勝率と連対率が高く、必ず押さえておきたい枠番です。

3-7.騎手傾向

過去5年間の同コース(新潟・芝・1000m)の複勝率上位5人は以下の通りです。

騎手複勝率
石橋脩50.0%
秋山真一郎38.5%
三浦皇成37.5%
鮫島克駿32.1%
西田雄一28.4%

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

よろしければ、応援クリックを押していただけると、嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です