【コース分析】阪神競馬場 ダート1400メートル(重・不良)の傾向を徹底分析します!

この記事では、阪神競馬場 ダート1400メートル(重・不良馬場)の傾向について、徹底的に分析したいと思います!

出典:『JRAホームページ

1.阪神競馬場 ダート1400mの主な特徴

このコースは、芝の部分から始まり、最初のコーナーまで長い直線です。

出足のスピードで位置取りが決まるため、縦長になりやすい傾向です。

このコースでは、以下の条件が有利となります。

・中~外枠が有利。最内枠は揉まれやすく不利。

・先行できるスピードのある馬が有利。

・芝もこなせる馬だと評価が上がる

2.阪神競馬場 ダート1400m(重・不良)のレース傾向

下記の条件でデータ分析をしております。

【検索条件】
・場所:阪神
・馬場:重・不良
・コース:ダート
・距離:1400m
・着順:全頭
・期間:過去10年間

2-1.枠番の傾向

枠番連対率複勝率
1枠8.9%15.1%
2枠15.2%21.7%
3枠12.7%17.8%
4枠12.4%20.6%
5枠13.0%21.5%
6枠12.8%19.8%
7枠15.9%21.4%
8枠12.2%17.4%

最内枠は少し不利な傾向でした。

2-2.脚質の傾向

脚質ごとの傾向は以下の通りです。

脚質勝率複勝率
逃げ16.6%36.6%
先行14.6%36.6%
差し4.7%17.3%
追込0.8%6.3%

傾向としては、逃げ・先行が大きく有利です。

スタートダッシュで、先頭集団に付けて、そのままゴールというパターンが多いと思います。

逃げ馬・先行馬を買うのが、基本的な戦略になりそうです。

2-3.馬体重の傾向

馬体重の傾向は以下の通りです。

馬体重複勝率平均着順
~399kg0%11.8着
400~419kg9.6%8.9着
420~439kg12.5%8.8着
440~459kg20.2%8.3着
460~479kg20.0%8.3着
480~499kg21.2%8.0着
500~519kg19.2%8.5着
520~539kg23.7%7.4着
540kg~25.9%8.0着

大型馬のほうが成績が良い傾向にあります。

これは、先行できるスピードや揉まれても大丈夫なタフさが求められるからです。

逆に馬体重が少ない場合は評価を下げるべきでしょう。

3.阪神競馬場 ダート1400m(重・不良)の勝ち馬傾向

下記の条件でデータ分析をしております。

【検索条件】
・場所:阪神
・馬場:重・不良
・コース:ダート
・距離:1400m
・着順:1着
・期間:過去10年間

3-1.各指標の平均値

平均馬番8.9番
平均斤量55.4kg
平均人気3.2番人気
平均馬体重479.0kg
平均上がり36.9秒
平均PCI46.1
平均単勝配当916.2円

人気馬が来ており、そこまで荒れない傾向でした。

また、PCIは46.1のため、逃げ・先行馬が有利な傾向です。

3-2.枠番の傾向

枠番勝ち数
1枠6
2枠20
3枠16
4枠16
5枠24
6枠23
7枠24
8枠17

1枠は、勝ち数が少ない傾向でした。

【まとめ】阪神競馬場ダート1400メートル(重・不良)で押さえるべきポイント

阪神福島競馬場ダート1400メートル(重・不良)のポイントをまとめると以下のようになります。

・最内枠は不利
・逃げ・先行できるスピードのある馬に注目。
・馬体重は大きいほうが良い。
・そこまで荒れることはない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です