【G3】エルムSの過去5年間のデータから傾向と対策を分析します

1.エルムSのラップ分析

1-1.過去5年間のラップパターン

対象年前半4F後半4Fラップパターン
2015年47.949.0平均持続失速
2016年49.148.3平均持続失速
2017年47.547.5高速持続失速
2018年47.748.2平均持続失速
2019年46.449.4高速持続失速
平均47.6047.16平均持続加速

過去5年間全て失速パターンとなっており、消耗戦に強い馬が有利な傾向にあります。また、上がり順位3位以内の馬の複勝率が非常に高く、消耗戦ながらも最後の末脚勝負になるレースです。

1-2.過去5年間のラップ

対象年ラップタイプ
2015年6.8 – 11.0 – 11.8 – 12.3 – 12.1 – 11.8 – 11.9 – 12.0 – 13.3消耗
2016年6.7 – 11.4 – 12.2 – 12.6 – 12.3 – 12.0 – 12.0 – 11.9 – 12.4平坦
2017年6.8 – 10.6 – 11.8 – 12.3 – 11.9 – 11.6 – 11.7 – 11.8 – 12.4消耗
2018年6.6 – 11.0 – 11.9 – 12.1 – 12.2 – 11.5 – 11.5 – 12.1 – 13.1消耗
2019年6.5 – 10.6 – 11.4 – 11.9 – 12.1 – 12.1 – 12.3 – 12.4 – 12.6消耗

基本的には消耗型のレースです。最後まで脚をためておけるスタミナが重要になります。

1-3.過去5年間のペース

対象年前半4.5F後半4FRPCIペース
2015年50.652.446.5ハイ
2016年51.951.751.0ミドル
2017年50.050.948.8ミドル
2018年50.551.547.1ハイ
2019年49.352.744.5ハイ

基本的にはハイペースになりやすいレースです。前にいってそのままスタミナを残せる馬が勝てるレースです。

2.同コース分析

2-1.種牡馬傾向

過去5年間の同コース(札幌・ダート・1700m)の複勝率上位10頭は以下の通りです。※最小レース機会数が5以上のみ。

種牡馬大系統タイプ複勝率
ホワイトマズルノーザンダンサー系欧州型66.7%
アンクルモーナスルーラ系欧州型66.7%
ジャイアントコーズウェイノーザンダンサー系米国型60.0%
タピットナスルーラ系米国型60.0%
ダノンシャンティサンデー系Pサンデー型55.6%
トーセンブライトターントゥ系欧州型50.0%
スマートストライクミスプロ系米国型50.0%
アルデバラン2ミスプロ系米国型50.0%
シニスターミニスターナスルーラ系米国型40.5%
エイシンフラッシュミスプロ系欧州型40.0%

10頭中5頭が米国型、4頭が欧州型です。サンデー系はダノンシャンティのみとなっており、苦戦傾向です。これはこのレースが消耗戦であるためです。

また、大系統としては、ナスルーラ系とミスプロ系が3頭ずつとなっています。

2-2.騎手傾向

過去5年間の同コース(札幌・ダート・1700m)の複勝率上位5人は以下の通りです。

3.エルムSの傾向

3-1.勝ち馬の平均値

平均PCI49.3
平均年齢4.6歳
平均斤量56.2kg
平均人気3.4番人気
平均馬体重503.2kg
平均タイム1分42.3秒
平均上がり3F36.3秒

3-2.脚質・上がり3F

脚質傾向

逃げ・先行が圧倒的に強いレースです。

また、マクリ脚質の馬も同コースとの相性が良いため、積極的に狙いたいです。

上がり3F傾向

勝てる馬はほぼ上がり1位か2位の馬のみです。また、複勝率で見ても1位~5位でほぼ決まるレースです。

3-3.馬体重傾向

440kg以上であれば、大きな差は無いように思います。大型馬も好実績であることがポイントです。

3-4.斤量傾向

別定のため、斤量傾向は省略します。

斤量連対率複勝率
49.5~51kg
51.5~53kg
53.5~55kg
55.5~57kg
57.5~59kg

3-5.枠番傾向

2枠~5枠の実績が良いです。8枠も悪くないです。


記事を読んでいただき、ありがとうございました!

よろしければ、応援クリックを押していただけると、嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です